初回バックアップ構成が完了した後でもバックアップする項目を変更できます。
バックアップ項目を変更した場合でも、それまでにバックアップしたファイルはクラウド上に残り、次回のバックアップから変更されたバックアップ項目がアップロードされるようになります。

 

バックアップする項目を変更するには下記の操作を行います:

  1. デスクトップからAOSBOXアイコンをダブルクリックして、アプリウィンドウを開きます。
  2. AOSBOXホーム画面から [設定] をクリックします。
  3.  バックアップするデータを選択します。次の3つのタブから選択できます:
    • おまかせバックアップ: カテゴリーごとにバックアップしたい項目を選択します。この選択は、後で別のパソコンに復元できるような可用性を持っています。
    • 選んでバックアップ: Windows エクスプローラーのようなインターフェイスを使用して自分のコンピューターの任意の場所からファイルやフォルダーをバックアップすることができます。
    • コールドストレージ: コールドストレージは、めったにアクセスされないデータに最適なきわめて低コストのストレージです。コールドストレージと通常のストレージの違いは、データが復元されるまでに3~5 時間以上かかることです。